menu

 

しっかり鍛えておくと、ほうれい線も薄くなる

 ときどき自分の顔を鏡で見て、びっくりすることがありませんか(30代以上の女性限定ですが)。あれ、すっごい老けて見えるなっていうとき。そんな日は、表情がつかれているんですね。

 

もっと端的にいえば、頬の肉が落ちていることから老けてつかれて見えるんです。つまり、頬の肉がたるんでいるんですね。顔の肉もたるむんだって、愕然としましたね。

 

まさか自分にこんなことが起こる日が来るとは。

 それからいろいろ調べていたら、頬のたるみには顔の体操がきくらしいんです。たるみを起こすということは、頬の肉を引き上げる表情筋が衰えているっていうことなんですって。

 

だから表情筋を鍛えて、たるみを防ごうっていうわけ。やり方は、頬に両手を添えて、口をおちょぼにします。そこで10秒キープして、手を上に持ち上げて10秒キープです。ゆっくりもとに戻すと、ん、ちょっと上がったかもと思いますね。これを10セットやります。5セットずつ2回やるといいんですよ。

 


 この体操をすると、頬のあたりが痛いのがわかります。つまり、そのあたりの表情筋がこっているんですね。コリをほぐしてやるのも、たるみ予防にはいいんですよ。あわせて耳の上あたりの筋肉もよーくほぐします。

 

ここは頬を持ち上げている筋肉の根元です。しっかり鍛えておくと、ほうれい線も薄くなるんですって。